ブログ一覧


弘前市統一教会と家族葬と遺品整理

統一教会と家族葬と遺品整理 事例

夫が亡くなったのでお願いしたいという事でお電話をいただきました。

○○病院にいます。お迎えお願いします。

時間を設定し、指定の病院までお迎えに上がり、搬送いたしました。

 

自宅に到着し、亡くなった方を布団へ安置し、枕飾り完了。

 

打合せ

既に教会の方5名様と喪主様がおられ、自宅にて家族葬を出したいという事でした。

 

打合せ内容

  • 子供が関東に居ます
  • かける葬儀費用がありません
  • 遺品整理もお願いしたい
  • 引っ越しをしたい

という内容でした。

 

何とか葬儀は出せるように設定致しましたが、遺品整理をするにあたり費用の捻出ができない内容でしたので片付けの方法を一応教えましたが、高齢の女性の方が車もない状態でやり切れるかという問題もありました。

 

葬儀後なのですが、遺品整理を業務的にサービスで行うという事は完全に不可能になりますが、当社でも負担にならないように部分的にサービスでやれる範囲で協力させていただきました。

本当にちょっとしか協力できずかえってご迷惑かけたかもしれません。

 

それでお話を葬儀時に戻します。

 

仏壇を色々見ておりましたら、通帳が出てきまして喪主様に渡しました。

そしたら、この通帳本当は普通に葬儀出して遺品整理も引っ越しも可能なぐらいお金あったのに夫のお姉さんが来て全部引き出していったのよと私に伝えてきた。

 

なるほど、それでいろいろ悩まれていたんですね。と私は納得したんです。

 

夫の姉なのですが、夫婦のお金を本人の通帳から引き出す神経が普通でなく、ビックリと・・・

ハッキリ言って泥棒的なお話を暴露されて、当社で少しでもできる事はないか考えた結果遺品整理の一部でもサービスで行えないかとなった訳です。

 

さらにハッキリ言って喪主様がこれから暮らしていく現金もない感じでした。

年金便りの生活、ほか収入はゼロ。

 

だから、生活費の不安があるというので生活保護を申請のお話をさせていただいたのですが本人は別に理由があって希望しないという事でした。

 

残念ながらこれ以上、踏み込まれず… 全ての業務が完了し、私とはお別れになりました。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2021 合同会社とーたる・さぽーと0528. All rights Reserved.