実績紹介


/

工藤様の父の葬儀についての打合せ

工藤様の父の葬儀についての打合せ After

Before

葬儀内容

依頼者との初回打合せ

ある日、工藤家の葬儀の依頼を受けました。依頼者は電話でこう言いました。

「父の葬儀をお願いしたいのですが、私は父とは縁を切っていて、正直言って葬儀も出したくないんです。費用も時間も何もかもかけたくないんです。むしろ、恨みと怒りさえ感じています。」

私はその言葉を聞き、依頼者の感情の深さを理解しました。しかし、まずは彼の話をじっくりと聞くことから始めることにしました。

「わかりました。まずは詳しくお話を伺わせていただけますか?どのような経緯でこのような感情を抱かれているのか、お話しいただけますか?」

 

故人との関係と感情

依頼者は、父親との長い確執について語り始めました。

「父は家族を顧みず、自己中心的な生活を続けていました。母が病気になっても、父は何の助けにもならず、むしろ負担を増やすような行動ばかりでした。私は長年そのことに耐えてきましたが、ある時を境に限界を感じて縁を切りました。それ以来、父とは一切連絡を取っていません。」

私は依頼者の話を静かに聞きながら、彼の感情に寄り添うよう努めました。

「そのような経緯があったのですね。非常に辛い思いをされてきたことが伝わってきます。では、今回の葬儀についてはどのように進めたいとお考えですか?」

 

代替案の提案

依頼者は少し考えた後、次のように答えました。

「できるだけ簡素に済ませたいです。大掛かりな葬儀は避けたいし、費用も最低限に抑えたいです。正直なところ、父に対する感情があるので、あまり深く関わりたくないんです。」

私は彼の希望を尊重し、いくつかの代替案を提案しました。

「それでは、簡素な葬儀や、オンラインでの葬儀、または火葬のみを行う選択肢も考えられます。どの方法が最も負担が少ないとお感じになりますか?」

 

最終的な決定

依頼者は少し迷った後、火葬のみを選択することに決めました。

「火葬のみでお願いします。それが一番負担が少なくて済みます。」

私はその決定を尊重し、必要な手続きを進めることを約束しました。

「わかりました。それでは、火葬のみの手続きを進めさせていただきます。ご安心ください、全てこちらで対応いたします。何か他にご希望やご質問があれば、いつでもご連絡ください。」

 

打合せの結果

このようにして、工藤家の依頼者との打合せは進みました。彼の感情に寄り添いながら、最も負担の少ない方法で故人を送り出す手助けをすることができました。感情の複雑な状況でも、依頼者の希望を最大限に尊重し、心のこもったサポートを提供することが重要であると改めて感じました。

 

結論

葬儀の打合せには、様々な背景や感情が伴います。特に故人との関係が複雑な場合、その感情に寄り添い、最善の方法を提案することが求められます。依頼者がどのような感情を抱えていても、その感情を理解し、尊重することで、心のこもった葬儀を提供することができます。これからも、どのような状況でも依頼者に寄り添い、最善のサポートを提供していきたいと考えています。

 

 

具体的な会話の流れ

依頼者: 「父の葬儀をお願いしたいのですが、私は父とは縁を切っていて、正直言って葬儀も出したくないんです。費用も時間も何もかもかけたくないんです。むしろ、恨みと怒りさえ感じています。」

私: 「わかりました。まずは詳しくお話を伺わせていただけますか?どのような経緯でこのような感情を抱かれているのか、お話しいただけますか?」

 

依頼者: 「父は家族を顧みず、自己中心的な生活を続けていました。母が病気になっても、父は何の助けにもならず、むしろ負担を増やすような行動ばかりでした。私は長年そのことに耐えてきましたが、ある時を境に限界を感じて縁を切りました。それ以来、父とは一切連絡を取っていません。」

 

私: 「そのような経緯があったのですね。非常に辛い思いをされてきたことが伝わってきます。では、今回の葬儀についてはどのように進めたいとお考えですか?」

 

依頼者: 「できるだけ簡素に済ませたいです。大掛かりな葬儀は避けたいし、費用も最低限に抑えたいです。正直なところ、父に対する感情があるので、あまり深く関わりたくないんです。」

私: 「それでは、簡素な葬儀や、オンラインでの葬儀、または火葬のみを行う選択肢も考えられます。どの方法が最も負担が少ないとお感じになりますか?」

 

依頼者: 「火葬のみでお願いします。それが一番負担が少なくて済みます。」

私: 「わかりました。それでは、火葬のみの手続きを進めさせていただきます。ご安心ください、全てこちらで対応いたします。何か他にご希望やご質問があれば、いつでもご連絡ください。」

 

打合せの結果

打合せを通じて、工藤家の依頼者の感情に寄り添いながら、最も負担の少ない方法で故人を送り出す手助けをすることができました。感情の複雑な状況でも、依頼者の希望を最大限に尊重し、心のこもったサポートを提供することが重要であると改めて感じました。

 

結論

葬儀の打合せには、様々な背景や感情が伴います。特に故人との関係が複雑な場合、その感情に寄り添い、最善の方法を提案することが求められます。依頼者がどのような感情を抱えていても、その感情を理解し、尊重することで、心のこもった葬儀を提供することができます。これからも、どのような状況でも依頼者に寄り添い、最善のサポートを提供していきたいと考えています。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2021 合同会社とーたる・さぽーと0528. All rights Reserved.
Verified by MonsterInsights