ブログ一覧


他社との違いと『映画のような納棺の儀』 – 本物の復元納棺師です

他社との違い: 納棺の儀式で選ばれる理由

ご遺族が直接立会いできる納棺の儀

葬儀において、納棺の儀式は非常に重要な一環です。当社では、

他社とは一線を画すサービスを提供しています。特に注目すべき点は、納棺の儀においてご遺族が直接お立会いいただける点です。

他の多くの葬儀社では、納棺の儀は屏風の影で行われることが一般的です。

しかし、私どもではご遺族の前で、故人様の最期のお姿を整え、ご遺族が安心してお別れできる環境を提供しています。

また、故人様が腐乱している場合や死臭が強い場合には、特殊な納体袋や消臭剤を使用し、臭いを最小限に抑えた納棺を実施しています。

このような対応により、ご遺族が快適にお別れの時間を過ごせるよう努めています。

 

映画のような納棺の儀

映画で見られるような丁寧で心のこもった納棺の儀式を実現しています。ご遺族の目の前で故人様をお着せ替えし、最期のお姿を整えることにより、故人様への尊敬と感謝の気持ちを表現します。

警察での処置

ご自宅や施設で突然亡くなられた場合、検視が行われた後、通常は白のナイロンで包まれた納体袋に入れられます。青森県の多くの葬儀社ではそのままお棺に納めて納棺を終了しますが、私どもではできるだけお肌に触れられるよう工夫してお別れができるよう、現場で特別処置や復元処置を行いながらお着せ致します。

 

ご遺族のご要望に応じたお召し物

故人様が生前に好きでいつも着用していたお召し物や、ご遺族が綺麗なお召し物を着せたいというご要望にもお応えします。下着、服、着物、袴、洋服、羽織など、様々なお召し物に対応し、故人様の最期を美しく飾ります。

 

現代の葬儀事情

20年前、セレモニーホールが普及する前は、各寺院や集会所、自宅での葬儀が一般的でした。しかし、近年ではセレモニーホールが次々と建設され、葬儀の会場は大きく変わりました。その結果、身近な和尚様との接触や近隣の付き合いが希薄になり、都市化が進む弘前市でもコミュニケーションの機会が減少しています。

 

当社の使命

葬儀という形で世間のお役に立つことが私たちの使命です。私どもの納棺師は、故人様とご遺族が心から満足できるお別れを提供することを常に心掛けています。葬儀は形だけでなく、心からの供養が大切であり、そのための環境作りを徹底しています。

 

他社との具体的な違い

  • 映画のような納棺の儀: 他社では見せられない儀式を実施。
  • ご遺族からの高評価: 納棺のみで高い評価を得る。
  • やわらかい表情に整える技術: 他社ではできない柔らかい表情の復元。
  • ご宗派に合わせた旅支度: 仏衣や下着、袴、着物などを正確に着せられる。
  • どんな状況でも正確な処置: 特殊な状況でも対応可能。
  • セレモニー性の取り入れ: ご遺族の立場を尊重した納棺の儀。
  • 開いている目・口を閉じる技術: 他社ではできない技術。
  • 腐乱や死臭への対応: 超特殊納体袋や消臭剤の使用。
  • 全身水泡や部分水泡の処置: 適切な処置知識を持つ。

 

これらの特徴により、当社の納棺の儀は他社とは異なり、ご遺族が安心して故人様とお別れできる環境を提供しています。納棺師の技術と心のこもった対応により、故人様への最期の敬意を最大限に表現し、ご遺族の心に寄り添うサービスを提供しています。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2021 合同会社とーたる・さぽーと0528. All rights Reserved.
Verified by MonsterInsights