ブログ一覧


家族葬(一日葬)の流れ【完全ガイド】とーたる・さぽーと0528版

誰しも一生のうち何度か、大切な人とお別れをする瞬間を迎えます。その背後には笑顔の思い出や、心温まる対話が溢れることと思います。そのような重要な出来事が、一生にどれほどの影響を与えるか計り知れません。本記事では、家族葬(一日葬)の流れ、家族葬のメリットと費用、そして家族葬を依頼する手順について詳しく解説します。

 

一日葬は近親者のみで行うため、故人とゆっくりと向き合い、悲しみや感謝の気持ちを共有する時間を持つことができます。記事を読むことで、スムーズな準備と進行に役立つ情報を得られ、安心して大切な人とのお別れを迎えることができるでしょう。費用を抑えつつも、心温まる葬儀を希望する方にとって、本記事は必見の内容となっています。

ぜひ最後までお読みいただき、後悔しない選択をするための一助となれば幸いです。

 

葬儀後のレビューをさせてください。

お客様からのご意見は、私たちにとって貴重なものであり、今後のご家族様へのサービス向上に役立てさせていただきます。

 

 

承諾書記載許可 

YouTube、SNSなど

「この動画では、お客様の声や事例を紹介しています。すべてのお客様に事前に承諾を得ており、個人情報の保護に努めています。

また、お客様ご自身のSNSでも感想を発信のご協力をお願いしております。」

 

 

 

家族葬(一日葬)の流れ【完全ガイド】とーたる・さぽーと0528

大切な人を送り出すために、家族葬(一日葬)の流れを分かりやすく解説します。

 

家族葬(一日葬)とは?

家族葬(一日葬)は、通夜をせず、葬儀のみを近親者のみで1日間にわたって執り行うお葬式です。一般的な葬儀と比べて、規模が小さく、静かで親密な雰囲気が特徴です。これにより、故人との最後の時間をしっかりと過ごすことができます。

 

一日葬の流れ

家族葬(一日葬)の具体的な流れは次の通りです。

 

1日目:亡くなった当日

1. 故人様の遺体を自宅または安置所に安置します。

2. 枕飾りを設け、仏花や香炉などを準備します。

3. 葬儀社との打ち合わせを行い、寺院とご挨拶し、日程を決めます。

4. 納棺の儀を行います。

 

2日目:~数日間:火葬までの待機

1.故人様のご遺体を安置し、枕飾りなどを設けます。

2.保冷剤の交換

3.遺族との話し合い、儀式の不安解消など

 

数日間:火葬までの待機

1.保冷剤の交換

2.遺族との話し合い、儀式の不安解消となど

 

火葬後の日程:葬儀

1.火葬

2.式場の設置。

3.故人様との最後のお別れとなる儀式です。

4.僧侶による読経、焼香などが行われます。

5.参列者は、故人様と親しい親族や友人などに限られます。

6.寺院へ感謝の気持ちを伝え、お布施を渡す。

7.葬儀・法事の後は、墓地へ移動し、埋葬を行います。

8.お斎 会食を皆さんとする。または弁当など

 

※通夜がない為、しなければならないことが集中します。

 

一日葬のメリット

家族葬(一日葬)には以下のようなメリットがあります:

近親者でゆっくりとお別れができる: 近親者でゆっくりとお別れができる: 家族や親しい友人だけで故人と過ごすことで、それぞれが心に浮かぶ思い出を語り合う時間が持てます。たとえば、家族だけの食事会で故人の好きだった料理を供することができます。

費用を抑えられる: 一般葬に比べ、人数や必要な物品が少なくなるため、費用を抑えることができます。

思い出を共有する時間が増える: 遺体を安置している時間を使って故人様との思い出を語り合うことができます。

周囲への気遣いを減らせる: 大規模な葬儀の場合と比べて、他の人に対する気遣いも少なく、遺族の負担が軽減されます。

 

一日葬の費用

地域や葬儀社によって異なりますが、一般的には50万円から100万円程度です。

費用には次の項目が含まれます:

 

家族葬(一日葬)の費用には以下の項目が含まれます:
– ご遺体搬送: 自宅から安置場所への搬送費
– 安置料: 遺体を安置する場所の使用料
– 棺: 納棺する棺の代金
– 枕飾り: 仏花や供花などの装飾費用
– 葬儀式場の使用料: 式場の使用料
– 僧侶への謝礼: 読経や法話を行う僧侶への謝礼
– 火葬費用: 火葬にかかる費用
– 骨箱: ご遺骨を納める骨箱の費用

 

※注意: 総費用は地域や葬儀社によって異なるため、詳細な見積もりを事前に確認することが重要です。

※注意: 総費用は地域や葬儀社によって異なります。

 

家族葬(一日葬)を依頼する流れ

家族葬(一日葬)を依頼する手順は以下の通りです。

1. 葬儀社を選ぶ: 費用だけでなく、対応や評判を比較し、信頼できる葬儀社を選びます。

2. 葬儀の内容を決める: 日程や場所、参列者の人数を決め、具体的な葬儀内容を打ち合わせます。

3. 葬儀社と契約する: 契約内容を確認し、不明点があれば質問します。

4. 葬儀の準備をする: 故人様の遺影写真や服装、参列者への連絡、必要な書類を用意します。

 

まとめ

家族葬(一日葬)は、近親者でゆっくりとお別れをしたい方におすすめの葬儀形式です。費用を抑えることができる点も魅力です。
信頼できる葬儀社を選び、家族でよく話し合いながら準備を進めることが重要です。

詳しい情報や特定の葬儀社の紹介を探したい場合は、以下のリンクから資料請求や無料相談を行うことをお勧めします。

 

喜怒哀楽の葬儀

喜怒哀楽は人間の感情の基本的な四つの側面であり、これらは葬儀の場においてもさまざまな形で表れます。葬儀は故人を悼み、送り出すための重要な儀式でありながら、悲しみだけでなく、感謝や懐かしみ、時には笑顔など、様々な感情が交錯する場でもあります。

 

ここでは、それぞれの感情がどのように葬儀に現れるのか、そしてそれがどのように重要な役割を果たすのかを詳しく見ていきます。

 

喜び

葬儀の場で「喜び」という感情を抱くのは、一見すると奇妙に思えるかもしれません。しかし、故人が天寿を全うし、多くの人々に愛され、良い人生を送ったことを思い出すと、自然と感謝の念や喜びが湧き上がることがあります。故人の笑顔や楽しかった出来事を語り合うことで、親しい人々と共有する時間が生まれます。

 

また、故人の生前の功績や人間関係が称えられる場面でも、喜びの感情が感じられるでしょう。特に元気だった頃のエピソードが語られると、一時的にでも葬儀の場が和やかになることもあります。

 

怒り

悲しみに続いて、故人の死が突然のものであったり、特定の状況や人々に責任があると感じた場合、怒りという感情も湧き上がることがります。この感情は自然なものであり、抑えつけることなく適切な方法で表現されることが大切です。

 

また、残された家族が今後の生活についての不安や、過去のわだかまりが表面化することもあります。

 

そのため、葬儀の場では家族間のコミュニケーションが重要とされます。怒りの感情が発生した場合でも、それを共有し、理解し合うことで、少しずつ受け入れていくプロセスが進むでしょう。

 

悲しみ

葬儀においてもっとも顕著に表れる感情が悲しみです。大切な人を失った喪失感は計り知れず、涙を流すことも自然なことです。葬儀の場では、故人を偲ぶための儀式やお祈りが行われ、遺族や友人が悲しみを共有し合います。

 

特に弔辞や読経、音楽などは、その悲しみを癒すための重要な要素となります。また、カウンセリングや語り部として専門家がサポートすることも増えてきています。悲しみを一人で抱えるのではなく、共有することで癒やしのプロセスが進みます。

 

楽しみ

「楽しみ」という感情もまた、葬儀の場ではあり得るものです。故人との幸せだった思い出や、共に過ごした楽しい出来事を語り合うことが、追憶となり、残された人々に安心感を与えることがあります。故人の生前の写真や映像を振り返るスライドショーの上映など、笑顔が見られる瞬間も多いです。

 

特に最近では、故人の人生をポジティブに振り返り、感謝の気持ちを持つ「お別れ会」形式の葬儀が増えてきています。このような場では、悲しみだけでなく懐かしさや感謝の気持ちが広がりやすくなります。

 

まとめると、葬儀は単に悲しみだけで終わるものではありません。喜怒哀楽のすべての感情が交錯する場であり、それらを適切に表現し、共有することが、故人を送り出すための重要なプロセスとなります。一人ひとりの感情を大切にし、それを共感できる時間を持つことが、心の癒しへと繋がるでしょう。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2021 合同会社とーたる・さぽーと0528. All rights Reserved.
Verified by MonsterInsights